白専女(しらとうめ)  大峰山
役行者の母君で、女山伏の祖ともいわれる。お名前は、白専女(しらとうめ)、また渡都岐比売(とときひめ)、刀自女(とらめ)とも呼ばれていました。
ある夜、天空から金色に輝く金剛杵が降りて、口の中に入る夢をご覧になられ、ご懐妊されたのが役行者様といわれます。故に幼名を金杵丸(コンショマル)との伝えもあります。
胎内にいるときから「神光」を放ち、ご生誕のみぎり、頭に一本の角があったという伝承もあり、これが「小角」(おずぬ)の名の由来ともいわれます。
母君は、役行者さまがお山へご修行の時はいつも麓まで同行し、見送られたといいます。
その故事に則り、後世、登拝口の母公堂には母公像が祭られるようになりました。
大宝元年(701)6月7日 、役行者は老母を連れ 箕面の天上ヶ岳へ登り、母を鉄鉢に乗せ五色の雲に乗って渡天されたと伝わります。
男性の「先達」に対して、女性の「輔教」は白専女の生き様そのものが、
女性としての修行のあり方を表したものといえます。

「専女」とは「狐」を表し、「白専女」とは「白狐」という意味になります。
鎌倉時代に伊勢神宮で編纂された「神道五部書」は、五つの経典の総称ですが、
その中の一つの『御鎮座伝記』の中に、「御倉神(みくらのかみ)の三座はスサノオの子、ウカノミタマ神なり。
 また、専女(とうめ)とも三狐神(みけつかみ)とも名づく。」
と記されている箇所があります
上記の内容によれば、御倉神はスサノオの子であるウカノミタマの神であり、
その別名に「専女」や「三狐神」がある。
という事になります
「狐」は「稲荷」の神様の御使いとも云われております。
「稲荷」の神様と言いますと、
『古事記』では宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)、
『日本書紀』では倉稲魂命(ウカノミタマノミコト)と表記されており、
倉稲魂神(ウカノミタマノカミ)の別名であるタウメミケツは、
専女三狐(たうめみけつ)神に由来するとも云われていることから、
先の『御鎮座伝記』で記されている内容と同様に、
「白専女」はウカノミタマの神に関係していると解けます。
以上のような内容を踏まえますと、
役行者の母君であられる白専女は、
ウカノミタマノカミの御霊を持つ存在であったとも考えられます。
 大峰山とは 大峰山と安全性  大峰山参拝詳細行程 大峰山寺  湧出岩  油こぼし 大峰蛇之倉七尾山 一之行場 母公堂  面不動  ごろごろ水  かりがね橋  女人大峰 五代松鍾乳洞 双門の滝  陀羅尼助丸 金峯山寺 吉野蛙飛び 脳天大神龍王院  天河大辨財天社 弁才天  天井ヶ岳 白専女 役行者 役行者と伝説 前鬼・後鬼 伝説と世相 韓国連広足 伊豆大島の行者祭り  山伏と忍者 歴代天皇 年号 光格天王  空海と大峰山 円珍 聖宝理源大師 龍樹菩薩 大峰山修験道 大峰山護持院櫻本坊 吉野お聖天さん 吉野の桜 柿の葉寿司 大峰山行者講社大嶺講 大峰山奥駆修行  聖天の森 大峰山山上の宿坊   大峰山の山伏 大峰山の先達  先達の授受  大峰山の山伏の衣装 大峰山を個人で登山 大峰山洞川の龍泉寺 厄除け開運 何故、大峰山へ登るのか? 大峰山の女人禁制  大峰山Q&A 吉祥草寺 石上神宮  高鴨神社  葛城山 金剛山転法輪寺 大峰山の修行とは 九重守(ここのえまもり) 大峰奥駈道  大峰奥駈75靡 大峰山護持院  大峰山寺役講  大峰山・洞川の地図  吉野山の地図  吉水神社  勝手神社 六道修行・解脱 仏陀   自灯明・法灯明 日本の神々 達磨   大峰千日回峰行 大峰山と仏教伝来 神道 鑑真和上  三学  胎蔵界・金剛界  戒・定・慧・解脱 波羅蜜 十善戒 舒明天皇 天武天皇 文武天皇 安岡寺 瀧谷不動尊 吉野聖天 平井聖天 出雲大社 宝塚聖天  波切不動尊