十二因縁 (じゅうにいんねん)、十二縁起(じゅうにえんぎ)  ▲大峰山
仏教において、現実の人生の苦悩の根源を断つことによって
苦悩を滅するための12の条件を系列化したもの。仏教の基本的な考えの一つである。

十二因縁の支分は、無明、行、識、名色、六処、触、受、愛、取、有、生、老死の
12個でありこの12個の支分において、無明によって行が生じるという関係性を観察し、
行から次第して生や老死という苦が成立すると知ることを順観という。
また、無明が消滅すれば行も消滅するという観察を逆観という。

1.無明(むみょう)
過去世の無始の煩悩。煩悩の根本が無明なので代表名とした。
明るくないこと。迷いの中にいること。

2.行(ぎょう)
志向作用。物事がそのようになる力=業

3.識(しき)
識別作用=好き嫌い、選別、差別の元

4.名色(みょうしき)
物質現象(肉体)と精神現象(心)。実際の形と、その名前

5.六処(ろくしょ)
六つの感覚器官。眼耳鼻舌身意

6.触(そく)
六つの感覚器官に、それぞれの感受対象が触れること。外界との接触。

7.受(じゅ)
感受作用。六処、触による感受。

8.愛(あい)
渇愛。

9.取(しゅ)
執着。

10.有(う)
存在。生存。

11.生(しょう)
生まれること。

12.老死(ろうし)
老いと死。

順観と逆観の両方を行って、人間のありように関する因果の道理を明らかにした結果、
因果の道理に対する無知が苦悩の原因であったと悟る。その際には苦悩が消滅し、根源の無明が消滅しているため輪廻もなくなるとされる。
 【大峰山・洞川】大峰山とは 大峰山と安全性  大峰山参拝詳細行程 大峰山寺  大峰山護持院 九重守(ここのえまもり) 大峰奥駈道  大峰奥駈75靡 洞川の龍泉寺 聖天の森 大峰山山上の宿坊 湧出岩 油こぼし 大峰蛇之倉七尾山 一之行場 母公堂  面不動  ごろごろ水  かりがね橋  女人大峰 五代松鍾乳洞 双門の滝  大峰山を個人で登山  厄除け開運 何故、大峰山へ登るのか? 大峰山の女人禁制  大峰山Q&A 陀羅尼助丸 大峰山・洞川の地図 【大峰山・吉野】金峯山寺 吉野お聖天さん 吉水神社 勝手神社  吉野の桜 柿の葉寿司 吉野蛙飛び 脳天大神龍王院  天河大辨財天社 弁才天 吉野山の地図  【大峰山・修験道】大峰山修験道 大峰山の山伏 大峰山護持院櫻本坊  大峰山行者講社大嶺講 大峰山の先達  先達の授受  大峰山の山伏の衣装  大峰山寺役講【大峰山・伝説】役行者と伝説 前鬼・後鬼 伝説と世相 韓国連広足 伊豆大島の行者祭り  山伏と忍者 【大峰山・天皇】舒明天皇 天武天皇 文武天皇 歴代天皇 年号 光格天王 【大峰山・宗教】仏語 神道 日本の神々 仏陀 達磨 鑑真和上 大峰山と仏教伝来 空海と大峰山 真言宗 天台宗  円珍 聖宝理源大師 龍樹菩薩 ユダヤ教 仏教 キリスト教 イスラム教 【大峰山・修行】大峰山の修行とは 大峰山奥駆修行 自灯明・法灯明 六道修行・解脱 四諦  戒・定・慧・解脱 波羅蜜 十善戒 三学  胎蔵界・金剛界【大峰山・神社・仏閣】吉祥草寺 石上神宮  高鴨神社  金剛山転法輪寺 【大峰山・御山】葛城山 二上山 金剛山  【大峰山・護摩供】安岡寺 四天王寺 庚申 瀧谷不動尊 吉野聖天 平井聖天 出雲大社 宝塚聖天  波切不動尊  西大寺 初午