歴代の天皇  大峰山
名前 よみ 即位年 備考
初代 神武天皇 じんむ 前660年
2代 綏靖天皇 すいぜい 前581年
3代 安寧天皇 あんねい 前549年
4代 懿徳天皇 いとく 前510年
5代 孝昭天皇 こうしょう 前475年
6代 孝安天皇 こうあん 前392年
7代 孝霊天皇 こうれい 前290年
8代 孝元天皇 こうげん 前214年
9代 開化天皇 かいか 前158年
10代 崇神天皇 すじん 前97年
11代 垂仁天皇 すいにん 前29年
12代 景行天皇 けいこう 71年
13代 成務天皇 せいむ 131年
14代 仲哀天皇 ちゅうあい 192年
15代 応神天皇 おうじん 270年
16代 仁徳天皇 にんとく 313年
17代 履中天皇 りちゅう 400年
18代 反正天皇 はんぜい 406年
19代 允恭天皇 いんぎょう 412年
20代 安康天皇 あんこう 453年
21代 雄略天皇 ゆうりゃく 456年 ワカタケル大王
22代 清寧天皇 せいねい 480年
23代 顯宗天皇 けんぞう 485年
24代 仁賢天皇 にんけん 488年
25代 武烈天皇 ぶれつ 498年 日本書紀によると暴君であったと伝えられる
26代 継体天皇 けいたい 507年
27代 安閑天皇 あんかん 531年
28代 宣化天皇 せんか 535年
29代 欽明天皇 きんめい 539年
30代 敏達天皇 びだつ 572年
31代 用明天皇 ようめい 585年
32代 崇峻天皇 すしゅん 587年 蘇我馬子に暗殺される
33代 推古天皇 すいこ 592年 崇峻天皇の妹。
初の女性天皇
聖徳太子が摂政を務めた
34代 舒明天皇 じょめい 629年 第一回遣唐使を派遣
35代 皇極天皇 こうぎょく 642年
36代 孝徳天皇 こうとく 645年
37代 斉明天皇 さいめい 655年 重祚(35代・皇極天皇)
38代 天智天皇 てんじ 661年 中大兄皇子
39代 弘文天皇 こうぶん 671年 天智天皇の子。またの名を大友皇子
40代 天武天皇 てんむ 673年 大海人皇子
41代 持統天皇 じとう 686年 天武天皇の皇后→持統天皇
都を藤原京に遷都する。
42代 文武天皇 もんむ 697年
43代 元明天皇 げんめい 707年 都を平城京に遷都する。
44代 元正天皇 げんしょう 715年
45代 聖武天皇 しょうむ 724年 東大寺大仏を作る
46代 孝謙天皇 こうけん 749年
47代 淳仁天皇 じゅんにん 758年
48代 称徳天皇 しょうとく 764年 重祚(46代・孝謙天皇)
49代 光仁天皇 こうにん 770年
50代 桓武天皇 かんむ 781年 都を平安京に遷都する。
51代 平城天皇 へいぜい 806年
52代 嵯峨天皇 さが 809年
53代 淳和天皇 じゅんな 823年
54代 仁明天皇 にんみょう 833年
55代 文德天皇 もんとく 850年
56代 清和天皇 せいわ 858年
57代 陽成天皇 ようぜい 876年
58代 光孝天皇 こうこう 884年
59代 宇多天皇 うだ 887年 猫好きで有名
60代 醍醐天皇 だいご 897年
61代 朱雀天皇 すざく 930年
62代 村上天皇 むらかみ 946年
63代 冷泉天皇 れいぜい 967年
64代 円融天皇 えんゆう 969年
65代 花山天皇 かざん 984年
66代 一条天皇 いちじょう 986年
67代 三条天皇 さんじょう 1011年
68代 後一条天皇 ごいちじょう 1016年
69代 後朱雀天皇 ごすざく 1036年
70代 後冷泉天皇 ごれいぜい 1045年
71代 後三条天皇 ごさんじょう 1068年
72代 白河天皇 しらかわ 1072年
73代 堀河天皇 ほりかわ 1086年
74代 鳥羽天皇 とば 1107年
75代 崇徳天皇 すとく 1123年 保元の乱に敗れ讃岐に配流される。
怨霊伝説
76代 近衛天皇 このえ 1141年 3歳で即位、17歳で崩御
77代 後白河天皇 ごしらかわ 1155年
78代 二条天皇 にじょう 1158年
79代 六条天皇 ろくじょう 1165年 歴代最年少即位(生後7ヶ月)
80代 高倉天皇 たかくら 1168年
81代 安徳天皇 あんとく 1180年 平清盛の外孫。壇ノ浦の戦いにて入水し崩御
歴代天皇最年少で崩御(8歳)
※1183年~1185年まで後鳥羽天皇と在位重複
82代 後鳥羽天皇 ごとば 1183年 承久の乱後、隠岐に配流される。
※1183年~1185年まで安徳天皇と在位重複
83代 土御門天皇 つちみかど 1198年 承久の乱後、土佐に配流される。
84代 順徳天皇 じゅんとく 1210年 承久の乱後、佐渡に配流される。
85代 仲恭天皇 ちゅうきょう 1221年 満2歳6か月で即位。在位期間歴代最短(78日間)
86代 後堀河天皇 ごほりかわ 1221年
87代 四条天皇 しじょう 1232年 満1歳8か月で即位。
88代 後嵯峨天皇 ごさが 1242年
89代 後深草天皇 ごふかくさ 1246年
90代 亀山天皇 かめやま 1259年
91代 後宇多天皇 ごうだ 1274年
92代 伏見天皇 ふしみ 1287年
93代 後伏見天皇 ごふしみ 1298年
94代 後二条天皇 ごにじょう 1301年
95代 花園天皇 はなぞの 1308年
96代
(南朝初代)
後醍醐天皇 ごだいご 1318年
97代
(南朝2代)
後村上天皇 ごむらかみ 1339年
98代
(南朝3代)
長慶天皇 ちょうけい 1368年
99代
(南朝4代)
後亀山天皇 ごかめやま 1383年
(北朝初代) 光厳天皇 こうごん 1331年
(北朝2代) 光明天皇 こうみょう 1336年
(北朝3代) 崇光天皇 すこう 1348年
(北朝4代) 後光厳天皇 ごこうごん 1352年
(北朝5代) 後円融天皇 ごえんゆう 1371年
100代
(北朝6代)
後小松天皇 ごこまつ 1382年
101代 称光天皇 しょうこう 1412年
102代 後花園天皇 ごはなぞの 1428年
103代 後土御門天皇 ごつちみかど 1464年
104代 後柏原天皇 ごかしわばら 1500年
105代 後奈良天皇 ごなら 1526年
106代 正親町天皇 おおぎまち 1557年
107代 後陽成天皇 ごようぜい 1586年
108代 後水尾天皇 ごみずのお 1611年 徳川秀忠の子である和子が入内した
109代 明正天皇 めいしょう 1629年 徳川秀忠の外孫
110代 後光明天皇 ごこうみょう 1643年
111代 後西天皇 ごさい 1654年
112代 霊元天皇 れいげん 1663年
113代 東山天皇 ひがしやま 1687年
114代 中御門天皇 なかみかど 1709年
115代 桜町天皇 さくらまち 1735年
116代 桃園天皇 ももぞの 1747年
117代 後桜町天皇 ごさくらまち 1762年
118代 後桃園天皇 ごももぞの 1770年
119代 光格天皇 こうかく 1779年 生前退位をした(1817年5月7日)
120代 仁孝天皇 にんこう 1817年
121代 孝明天皇 こうめい 1846年 天然痘が原因で35歳で逝去
他殺説もあり。
122代 明治天皇 めいじ 1867年
123代 大正天皇 たいしょう 1912年
124代 昭和天皇 しょうわ 1926年
125代 今上天皇 きんじょう 1989年
赤字は女帝です。
 ※初期天皇の実在性については、15代応神天皇以降を実在確実とする説と、26代継体天皇以降を実在確実とする説の2つがあります。但し、21代雄略天皇は実在が実証されています。
大峰山とは 大峰山と安全性  大峰山参拝詳細行程 大峰山寺  湧出岩  油こぼし 大峰蛇之倉七尾山 一之行場 母公堂  面不動  ごろごろ水  かりがね橋  女人大峰 五代松鍾乳洞 双門の滝  陀羅尼助丸 金峯山寺 吉野蛙飛び 脳天大神龍王院  天河大辨財天社 弁才天  天井ヶ岳 白専女 役行者 役行者と伝説 前鬼・後鬼 伝説と世相 韓国連広足 伊豆大島の行者祭り  山伏と忍者 歴代天皇 年号 光格天王  空海と大峰山 円珍 聖宝理源大師 龍樹菩薩 大峰山修験道 大峰山護持院櫻本坊 吉野お聖天さん 吉野の桜 柿の葉寿司 大峰山行者講社大嶺講 大峰山奥駆修行  聖天の森 大峰山山上の宿坊   大峰山の山伏 大峰山の先達  先達の授受  大峰山の山伏の衣装 大峰山を個人で登山 大峰山洞川の龍泉寺 厄除け開運 何故、大峰山へ登るのか? 大峰山の女人禁制  大峰山Q&A 吉祥草寺 石上神宮  高鴨神社  葛城山 金剛山転法輪寺 大峰山の修行とは 九重守(ここのえまもり) 大峰奥駈道  大峰奥駈75靡 大峰山護持院  大峰山寺役講  大峰山・洞川の地図  吉野山の地図  吉水神社  勝手神社 六道修行・解脱 仏陀   自灯明・法灯明 日本の神々 達磨   大峰千日回峰行 大峰山と仏教伝来 神道 鑑真和上  三学  胎蔵界・金剛界  戒・定・慧・解脱 波羅蜜 十善戒 舒明天皇 天武天皇 文武天皇 安岡寺 瀧谷不動尊 吉野聖天 平井聖天 出雲大社 宝塚聖天  波切不動尊