六道修行 ▲ 大峰山
六道輪廻(ろくどうりんね)
無邪気な子供に「死んだら何処へ行くの?」と聞かれたら、「天国へ行くんやで」と答えます。気に食わない人には「死んで地獄へ行けばいい」と思いいたくなります。
仏教では死後の世界として、6つの世界を示しています。「六道」と言います。地獄、餓鬼、畜生、修羅、菩薩、仏の世界です。
地獄の世界は苦しみだけの世界。
餓鬼の世界はいつも飢え、渇きに苦しむ世界。
畜生の世界は欲望のままに生きる世界。
修羅の世界は争いばかりの世界。
菩薩の世界はいろんな心を持つ世界。
仏の世界は「天上の無」の世界。
死後我々はこの6つの世界をぐるぐる回ります。 これを「六道輪廻」と言います。

解脱(げだつ)
これら六道の迷いの世界は死後の世界でありこの世の中です。我々はこの六道から抜け出さなくてはなりません。抜け出すことを「解脱)」と言います。そのためにご縁を頂き、修行をさせて頂きます。

お先真っ暗の絶望、どん底に落ち込んだ時、これが地獄の世界です。
食べるものがない時、少しの食べ物を奪い合います。餓鬼の世界です。
欲望のままに犯罪を犯す者、畜生の世界です。
世の中は戦争が絶えません。修羅の世界です。
喜怒哀楽の世の中、菩薩の世界です。
天上の世界は、良い事、楽しい事の世界。修行をせず解脱をせずに「有頂天」になっていると「地獄」に叩き落されます。

私たちは生きているあいだに、これら6つの世界を経験します。
解脱するためには精神的な修養を積む以外にはありません。これが修行です。
完全に抜け出すことは難しくとも、少しでもこれらの6つの世界から離れ「無」に努力をすれば、人々に幸せ感を与え親しまれる仏様のような人になるでしょう。
 大峰山とは 大峰山と安全性  大峰山参拝詳細行程 大峰山寺  湧出岩  油こぼし 大峰蛇之倉七尾山 一之行場 母公堂  面不動  ごろごろ水  かりがね橋  女人大峰 五代松鍾乳洞 双門の滝  陀羅尼助丸 金峯山寺 吉野蛙飛び 脳天大神龍王院  天河大辨財天社 弁才天  天井ヶ岳 白専女 役行者 役行者と伝説 前鬼・後鬼 伝説と世相 韓国連広足 伊豆大島の行者祭り  山伏と忍者 歴代天皇 年号 光格天王  空海と大峰山 円珍 聖宝理源大師 龍樹菩薩 大峰山修験道 大峰山護持院櫻本坊 吉野お聖天さん 吉野の桜 柿の葉寿司 大峰山行者講社大嶺講 大峰山奥駆修行  聖天の森 大峰山山上の宿坊   大峰山の山伏 大峰山の先達  先達の授受  大峰山の山伏の衣装 大峰山を個人で登山 大峰山洞川の龍泉寺 厄除け開運 何故、大峰山へ登るのか? 大峰山の女人禁制  大峰山Q&A 吉祥草寺 石上神宮  高鴨神社  葛城山 金剛山転法輪寺 大峰山の修行とは 九重守(ここのえまもり) 大峰奥駈道  大峰奥駈75靡 大峰山護持院  大峰山寺役講  大峰山・洞川の地図  吉野山の地図  吉水神社  勝手神社 六道修行・解脱 仏陀   自灯明・法灯明 日本の神々 達磨   大峰千日回峰行 大峰山と仏教伝来 神道 鑑真和上  三学  胎蔵界・金剛界  戒・定・慧・解脱 波羅蜜 十善戒 舒明天皇 天武天皇 文武天皇 安岡寺 瀧谷不動尊 吉野聖天 平井聖天 出雲大社 宝塚聖天  波切不動尊