吉野 蛙飛び行事  大峰山
古い仏教の形態を残すとされる奇祭「蛙(かえる)飛び行事」が毎年7日、
奈良県吉野町吉野山の金峯山寺(きんぷせんじ)蔵王堂であります。
修験道の開祖である役行者が産湯をつか使われたと伝えられる大和高田市奥田にある弁天池の
清浄な蓮の華を、蔵王権現に供える「蓮華会(れんげえ)」法要で、
7日は弁天池の蓮の華を蔵王堂に運んでご本尊に献じ、
あわせて境内では「蛙飛び行事」が執り行われる。
蛙飛び行事とは、修験道を軽んじ鷲に断崖絶壁へとさらわれた男が、改心し後悔しているのを、
通りががりの高僧が男を蛙の姿に変えて救いだし、一山僧侶の読経の功徳によってもとの姿に戻した、
という伝説を行事にしたものである。
神仏を侮り、蛙になった男が読経の力で人間の姿に戻ったとの伝承を伴い、
かつて行者が験力(げんりょく)を競ったのが起こりとも考えられている。

蛙役は仁王門前の和菓子店主等が務める。
蛙が境内をピョンピョンとはねながら読経の力で人の姿になると参拝者から拍手が湧く。
蓮華会に先立ち、大和高田市奥田の捨篠池(すてしのいけ)では、
県無形民俗文化財の「奥田の蓮(はす)取り行事」がある。
ホラ貝を吹く行者ら5人乗りの舟が花を咲かせるハスに近付き、同乗の人たちが蓮華会に供えるハスを摘む。

 大峰山とは 大峰山と安全性  大峰山参拝詳細行程 大峰山寺  湧出岩  油こぼし 大峰蛇之倉七尾山 一之行場 母公堂  面不動  ごろごろ水  かりがね橋  女人大峰 五代松鍾乳洞 双門の滝  陀羅尼助丸 金峯山寺 吉野蛙飛び 脳天大神龍王院  天河大辨財天社 弁才天  天井ヶ岳 白専女 役行者 役行者と伝説 前鬼・後鬼 伝説と世相 韓国連広足 伊豆大島の行者祭り  山伏と忍者 歴代天皇 年号 光格天王  空海と大峰山 円珍 聖宝理源大師 龍樹菩薩 大峰山修験道 大峰山護持院櫻本坊 吉野お聖天さん 吉野の桜 柿の葉寿司 大峰山行者講社大嶺講 大峰山奥駆修行  聖天の森 大峰山山上の宿坊   大峰山の山伏 大峰山の先達  先達の授受  大峰山の山伏の衣装 大峰山を個人で登山 大峰山洞川の龍泉寺 厄除け開運 何故、大峰山へ登るのか? 大峰山の女人禁制  大峰山Q&A 吉祥草寺 石上神宮  高鴨神社  葛城山 金剛山転法輪寺 大峰山の修行とは 九重守(ここのえまもり) 大峰奥駈道  大峰奥駈75靡 大峰山護持院  大峰山寺役講  大峰山・洞川の地図  吉野山の地図  吉水神社  勝手神社 六道修行・解脱 仏陀   自灯明・法灯明 日本の神々 達磨   大峰千日回峰行 大峰山と仏教伝来 神道 鑑真和上  三学  胎蔵界・金剛界  戒・定・慧・解脱 波羅蜜 十善戒 舒明天皇 天武天皇 文武天皇 安岡寺 瀧谷不動尊 吉野聖天 平井聖天 出雲大社 宝塚聖天  波切不動尊