大峰山の女人禁制
大峰山は現在も山上ヶ岳の女人禁制を守り続けています。

数年前には、大峰山に参拝する方が減少していき、
大峰山関連の方々も存続の危機感から、参拝増加の目的で、
大峰山の山上ヶ岳の女人禁制廃止の御声が出、女人禁制廃止の寸前まで、
お話が進んだ事が御座いました。

多くの御山が女人禁制を廃止して既に久しい。
古い考え、現世にそぐわない拘りで、改めるべきである・・・等々。

しかしながら、山上ヶ岳は今も尚、日本でほぼ唯一の女人禁制の
御山となっています。
もはや大峰山の女人禁制に男尊女卑の考えは無いのであり、
女人禁制は大峰山の運命を感じざるを得ません。
進化する世に於いて、根本的に忘れてはならない事を、
表しているものと存じます。

それは、「男の子なら一度は大峰山で修行してこい」男の子は男の子らしく、
又、「親を大事にしてるか」「家族大事にしてるか」人としての、
基本的な、やさしさの大切さを問いかけます。
男姓の本性でもある「煩悩を抑えきれず愚かに争ってしまう」、
世の戦争をなくし、天下泰平すなわち、世界平和、人類のの平和、
地球、宇宙の平和に、繋がっていく。

修験道問答に、
修験道の御本尊は、「森羅万象悉(コトゴト)く御本尊たらざるはなけれども・・・」と
御座います。

物事は始まりが有って、終わりが御座います。
地球もあと40数億年の寿命といわれています。
森羅万象、即ち自然から生じたたものを自然に委ね自然に完結する。
人類が愚かな核戦争等で、人類、地球の寿命を、
愚かに無理に破壊してはならないと説いています。
大峰山
大峰山とは 大峰登山参拝詳細行程 龍泉寺・滝行、洞川の行場「蛇之倉 大峰山護持院桜本坊  吉野聖天大祭  瀧谷不動尊春季大祭  出雲大社  大峰山上の宿坊 波切不動明王   山伏 個人で登山 洞川の行場  何故、大峰山へ登るのか?女人大峰 大峰山Q&A  箕面山龍按寺 吉祥草寺 元山上千光寺 高野山の巴陵院 石上神宮  高鴨神社 金剛山転法輪寺 女人禁制 
大峰山-世界の平和を祈る 大峰山の山伏 大峰山登山参拝 女山伏 大峯山-修行体験 般若心経