大峰山山伏、先達・輔教について
●本年で大峰登山参拝が三度目の方で、
 男性は先達、女性は輔教の授受を希望の方は、
 大峰山護持院櫻本坊に推挙します。
 櫻本坊より先達・輔教及び袈裟法螺等所持許可が、
 直々に授与され、山伏(先達・行者)としての入門及び、
 櫻本坊直属大嶺講の入講となります。
※授受希望者は毎年5月15日迄に、お申し込み下さい。
※大峰登山参拝3度目以上で中学生以上の方という条件が有ります。
※授受は強制致しません。
 勿論、先達・輔教授受されずとも登山参拝参加は自由です。
●先達・輔教授受は、早期退講を御考えの方は、御断り致します。
●講の行事は大峰登山参拝と護摩供等行事が御座います。
 参加は自由で、強制は致しません。
●「大嶺講」サイトへの入場を認めます。 
  ※http://daireikou.gozaru.jp/
●「行者作法」サイトへの入場を認めます。 
  ※http://gyouzyasahou.gozaru.jp/
●先達10年・中先達10年・大先達10年が各推挙年数。
  ※験徳及び御経等仏法習熟度により、推挙年数は短縮。
●先達・輔教授受費用
 ・先達又は輔教授与・・・・・5千円(授与時一回のみ)
 ・袈裟法螺等所持許可・・・5千円(授与時一回のみ)
          計 ・・・・・・ 1万円(登山参加費と同時納入)
●年講費(年会費)・・・全講員同じです。
 ・先達 1万円/年(毎年12月に翌年分納入)
 ・輔教 6千円/年(毎年12月に翌年分納入)
※講費は浄財(お気持ち)であり、決して強制強要致しません。
  登山参拝は、講費未納の年も先達として参加自由です。
※講費未納の年は下記と致します。
 ・休講講員。
 ・中・大・正大先達推挙年数に不加算。
 ・HP大嶺講HP行者作法のアクセス不可。
 ・登山参拝以外の行事は参加不可。
18歳未満の方は、講費特別免除。
先達・輔教の授受及び入講を御希望の方は、
辞令申請暑(PDF) 、男性⇒先達 女性⇒輔教を、A4印刷し、住所・氏名・生年月日・年齢を記入、ハンコ捺印の上、澤田迄郵送下さい。(申請書は折っても構いません)
大峰山
  【大峰山・洞川】大峰山とは 大峰山と安全性  大峰山参拝詳細行程 大峰山寺  大峰山護持院 九重守(ここのえまもり) 大峰奥駈道  大峰奥駈75靡 洞川の龍泉寺 聖天の森 大峰山山上の宿坊 湧出岩 油こぼし 大峰蛇之倉七尾山 一之行場 母公堂  面不動  ごろごろ水  かりがね橋  女人大峰 五代松鍾乳洞 双門の滝  大峰山を個人で登山  厄除け開運 何故、大峰山へ登るのか? 大峰山の女人禁制  大峰山Q&A 陀羅尼助丸 大峰山・洞川の地図 【大峰山・吉野】金峯山寺 吉野お聖天さん 吉水神社 勝手神社  吉野の桜 柿の葉寿司 吉野蛙飛び 脳天大神龍王院  天河大辨財天社 弁才天 吉野山の地図  【大峰山・修験道】大峰山修験道 大峰山の山伏 大峰山護持院櫻本坊  大峰山行者講社大嶺講 大峰山の先達  先達の授受  大峰山の山伏の衣装  大峰山寺役講【大峰山・伝説】役行者と伝説 前鬼・後鬼 伝説と世相 韓国連広足 伊豆大島の行者祭り  山伏と忍者 【大峰山・天皇】舒明天皇 天武天皇 文武天皇 歴代天皇 年号 光格天王 【大峰山・宗教】仏語 神道 日本の神々 仏陀 達磨 鑑真和上 大峰山と仏教伝来 空海と大峰山 真言宗 天台宗  円珍 聖宝理源大師 龍樹菩薩 ユダヤ教 仏教 キリスト教 イスラム教 【大峰山・修行】大峰山の修行とは 大峰山奥駆修行 自灯明・法灯明 六道修行・解脱 四諦  戒・定・慧・解脱 波羅蜜 十善戒 三学  胎蔵界・金剛界【大峰山・神社・仏閣】吉祥草寺 石上神宮  高鴨神社  金剛山転法輪寺 【大峰山・御山】葛城山 二上山 金剛山  【大峰山・護摩供】安岡寺 四天王寺 庚申 瀧谷不動尊 吉野聖天 平井聖天 出雲大社 宝塚聖天  波切不動尊  西大寺 初午