聖天の森(ショウテンノモリ)  大峰山

吉野”から熊野に至る、大峯奥駈道のほぼ中間点に、「釈迦ヶ岳」(1799.6m)が聳えている。その南にある「大日岳」(1593m)との間の鞍部(1500m)に当る場所が【深仙】(「神仙」とも)。「「釈迦」・「大日」から、何れも30~40分の距離にある。此処は、旧くから“大峯の中台”といわれ、特に聖護院系統の本山派修験では、『正灌頂』場として重要な位置を占めている。今は、「大峯中台八葉深仙大灌頂堂」と避難山小屋があるだけである。しかし、本山派修験にとって、現在も此処がその最重要拠点であることに変わりはない。明治期に至るまでは、此処には、この灌頂堂の他にも「護摩堂」や「宿坊」など、数棟の建屋があった。今あるお堂の中には、役行者、不動明王、聖宝・理源大師、円珍等の諸像が祀られているが、これらは以前は「釈迦ヶ岳」山頂にあったという本堂や、神仙の諸堂に鎮座していた諸尊なのではと思われる。

この大峯の中台「深仙」は、大峯奥駈道・75靡の“第38靡”であるが、その直ぐ南に“第37靡”の【聖天の森】がある。“森”とあるから、木々に覆いつく林が連想されるが、そんな風景は此処には無い。「深仙」から「大日岳」に向う奥駈道は、東方は、原生林に覆われた前鬼川や、上流の北股川・深仙股谷等を眼下に望み、更にその向うには池原貯水池を越えて、「大台ケ原」から「熊野灘」に落ち込む壮大な山塊を遠望出来る。「尾鷲湾」まで直線距離30km。西方は、十津川の支流、滝川の更に上流の「赤井谷」を挟んで、「釈迦ヶ岳」から西南方に流れ下る支尾根が指呼の間。これらの景色を遮る程の林、或いは森は無い。だが、「聖天の“森”」というからには、昔は、“森”様の木々が繁っていた事も考えられる。

「聖天の森」は、何処であったかは特定出来ていない。「大峯縁起」や「細見記」等には「神仙の南、僅かばかりの所に…」と書かれており、いずれにしても「聖天の森」は“深仙”から南に数分も登った所にあったのであろうと思われ、それらしき大岩がある。昔からの言い伝えによると、この“聖天の森”に、役行者が『聖天』(歓喜天=印度のガネーシャ神)を勧請してお祭りしたとされている。しかし、この大峯の中台近く、山深い奥山では一般の老若男女がこの尊い「聖天」を拝むことが叶わないとして、その後、この“お像”を吉野山の【櫻本坊】に遷座、お祀りされたのが、現在「櫻本坊」にある“吉野聖天”である。毎年10月1日吉野聖天大祭が厳修されています。

大峰山とは 大峰山と安全性  大峰山参拝詳細行程 大峰山寺  湧出岩  油こぼし 大峰蛇之倉七尾山 一之行場 母公堂  面不動  ごろごろ水  かりがね橋  女人大峰 五代松鍾乳洞 双門の滝  陀羅尼助丸 金峯山寺 吉野蛙飛び 脳天大神龍王院  天河大辨財天社 弁才天  天井ヶ岳 白専女 役行者 役行者と伝説 前鬼・後鬼 伝説と世相 韓国連広足 伊豆大島の行者祭り  山伏と忍者 歴代天皇 年号 光格天王  空海と大峰山 円珍 聖宝理源大師 龍樹菩薩 大峰山修験道 大峰山護持院櫻本坊 吉野お聖天さん 吉野の桜 柿の葉寿司 大峰山行者講社大嶺講 大峰山奥駆修行  聖天の森 大峰山山上の宿坊   大峰山の山伏 大峰山の先達  先達の授受  大峰山の山伏の衣装 大峰山を個人で登山 大峰山洞川の龍泉寺 厄除け開運 何故、大峰山へ登るのか? 大峰山の女人禁制  大峰山Q&A 吉祥草寺 石上神宮  高鴨神社  葛城山 金剛山転法輪寺 大峰山の修行とは 九重守(ここのえまもり) 大峰奥駈道  大峰奥駈75靡 大峰山護持院  大峰山寺役講  大峰山・洞川の地図  吉野山の地図  吉水神社  勝手神社 六道修行・解脱 仏陀   自灯明・法灯明 日本の神々 達磨   大峰千日回峰行 大峰山と仏教伝来 神道 鑑真和上  三学  胎蔵界・金剛界  戒・定・慧・解脱 波羅蜜 十善戒 舒明天皇 天武天皇 文武天皇 安岡寺 瀧谷不動尊 吉野聖天 平井聖天 出雲大社 宝塚聖天  波切不動尊