弘法大師と大峰山  大峰山

宝亀5年 - 承和2年3月21日(774年 - 835年4月22日(新暦))。修験道開祖役行者より約100年後の空海は、仏門に入る前は、佐伯眞魚という名前であった。空海は延暦10年に律令制の官吏養成の大学に入っている。大学入学の年齢は、やはり令によって13歳から16歳と定められていた。空海の経歴は不明の点が多い。確実な史料では、上表文による少年の日から、遣唐使の留学生となる直前の東大寺における授戒まではよく分からず、平城京から長岡京に遷都されたのが、延暦3(784)年であり、この前後に空海は大学に入学している。
空海の若き当時、官僚の道を歩むべく入った大学を中退し、優婆塞となって何かつかみたい、仏教の教えの中で何かを見つけたいと、そういう気持ちにさせたのが、吉野から高野の道です。古代の道は尾根道で、稜線を歩き、必ず案内人がおり、神の山ですから許された人しか入る事は出来なかった様です。

大峯山頂から、海抜1700~1800メートルの山稜を南へ、ほぼ9時間から10時間で弥山(1895メートル)に達する。そこでも8世紀、つまり奈良時代中頃の土器類が出土したことを確認した。吉野から弥山までの山稜には、奈良時代中期には、宗教活動が行われていたことを考古学の調査によって確かめられています。丹生川上神社に関係する部族の山人に連れられて吉野に入り、1日で南の大天井ヶ岳あたりに行き、それから西へ2日かけて高野に入ったと考えられます。天野の丹生明神のほうへ下りて行ったのだろうと思われます。そのコースの分かれ目が、紀の川の分水嶺だと思われます。

吉野から高野の道は、今でも歩ける峰々ですが、当時も尾根道だった事は間違いない様です。そのあと、高野山へ来た時には吉野と高野を往復している可能性があるので、その時は洞川も通っているだろうと思われます。ところどころ伝説が残っています。

大峯の山々、多分、雪を少し頂いていた頃だと思われます。獣が動かない時期が一番安全です。

それから実際に金峯山の山、山上ヶ岳には確実に入っていると考えられます。ひょっとしたら弥山まで行ってい事も考えられます。そういう中で、神仏への畏敬の念が養われたと思われます。この吉野山地を修行の場とする修験は、早くとも9世紀以降に始まったと考えられています。空海の大峰山での修行時代が想像されます。

大峰山とは 大峰山と安全性  大峰山参拝詳細行程 大峰山寺  湧出岩  油こぼし 大峰蛇之倉七尾山 一之行場 母公堂  面不動  ごろごろ水  かりがね橋  女人大峰 五代松鍾乳洞 双門の滝  陀羅尼助丸 金峯山寺 吉野蛙飛び 脳天大神龍王院  天河大辨財天社 弁才天  天井ヶ岳 白専女 役行者 役行者と伝説 前鬼・後鬼 伝説と世相 韓国連広足 伊豆大島の行者祭り  山伏と忍者 歴代天皇 年号 光格天王  空海と大峰山 円珍 聖宝理源大師 龍樹菩薩 大峰山修験道 大峰山護持院櫻本坊 吉野お聖天さん 吉野の桜 柿の葉寿司 大峰山行者講社大嶺講 大峰山奥駆修行  聖天の森 大峰山山上の宿坊   大峰山の山伏 大峰山の先達  先達の授受  大峰山の山伏の衣装 大峰山を個人で登山 大峰山洞川の龍泉寺 厄除け開運 何故、大峰山へ登るのか? 大峰山の女人禁制  大峰山Q&A 吉祥草寺 石上神宮  高鴨神社  葛城山 金剛山転法輪寺 大峰山の修行とは 九重守(ここのえまもり) 大峰奥駈道  大峰奥駈75靡 大峰山護持院  大峰山寺役講  大峰山・洞川の地図  吉野山の地図  吉水神社  勝手神社 六道修行・解脱 仏陀   自灯明・法灯明 日本の神々 達磨   大峰千日回峰行 大峰山と仏教伝来 神道 鑑真和上  三学  胎蔵界・金剛界  戒・定・慧・解脱 波羅蜜 十善戒 舒明天皇 天武天皇 文武天皇 安岡寺 瀧谷不動尊 吉野聖天 平井聖天 出雲大社 宝塚聖天  波切不動尊