神道(しんどう)
宗教名の多くは「何教」と呼称するが、宗教名は「神教」ではなく「神道」であり、
古代日本に起源を辿れる宗教である。
伝統的な民俗信仰・自然信仰を基盤に、豪族層による中央や地方の政治体制と
関連しながら徐々に成立した
また、日本国家の形成に影響を与えたとされている宗教である

神道には確定した教祖、創始者がおらず、キリスト教の聖書、イスラム教のコーランに
あたるような公式に定められた「正典」も存在しないとされるが
『古事記』、『日本書紀』、『古語拾遺』、『宣命』といった「神典」と
称される古典群が神道の聖典とされている
森羅万象に神が宿ると考え、天津神・国津神や祖霊をまつり、祭祀を重視する。
浄明正直(浄く明るく正しく直く)を徳目とする
他宗教と比べて現世主義的といった特徴がみられる。
神道とは森羅万象を神々の体現として享受する「惟神の道(かんながらのみち、
神と共にあるの意)」であるといわれる
教えや内実は神社と祭りの中に伝えられている。『五箇条の御誓文』や、
よく知られている童歌〔わらべうた〕『通りゃんせ』など、日本社会の広範囲に
渡って神道の影響が見受けられる。

神道は奈良時代以降の長い間、仏教信仰と混淆し一つの宗教体系として
再構成されてきた(神仏習合)。
一方で伊勢神宮のように早くから神仏分離して神事のみを行ってきた神社もある。
明治時代には天皇を中心とした国民統合をはかるため、全ての神社で神仏分離が行われた。

神道と仏教の違いについては、神道は地縁・血縁などで結ばれた共同体(部族や村など)を
守ることを目的に信仰されてきたのに対し、仏教はおもに人々の安心立命や
魂の救済、国家鎮護を求める目的で信仰されてきたという点で大きく相違する

神道は日本国内で約85,000の神社が登録され約1億600万人の支持者がいると
『宗教年鑑』(文化庁)には記載があるが、支持者は神社側の自己申告に基づく数字であり、
地域住民をすべて氏子とみなす例、初詣の参拝者も信徒数に含める例、御守りや
御札等の呪具の売上数や頒布数から算出した想定信徒数を
計算に入れる例があるためである。
このため、日本人の7割程度が無信仰を自称するという多くの調査結果とは矛盾する

大峰山
大峰山とは 大峰山と安全性  大峰山参拝詳細行程 大峰山寺  湧出岩  油こぼし 大峰蛇之倉七尾山 一之行場 母公堂  面不動  ごろごろ水  かりがね橋  女人大峰 五代松鍾乳洞 双門の滝  陀羅尼助丸 金峯山寺 吉野蛙飛び 脳天大神龍王院  天河大辨財天社 弁才天  天井ヶ岳 白専女 役行者 役行者と伝説 前鬼・後鬼 伝説と世相 韓国連広足 伊豆大島の行者祭り  山伏と忍者 歴代天皇 年号 光格天王  空海と大峰山 円珍 聖宝理源大師 龍樹菩薩 大峰山修験道 大峰山護持院櫻本坊 吉野お聖天さん 吉野の桜 柿の葉寿司 大峰山行者講社大嶺講 大峰山奥駆修行  聖天の森 大峰山山上の宿坊   大峰山の山伏 大峰山の先達  先達の授受  大峰山の山伏の衣装 大峰山を個人で登山 大峰山洞川の龍泉寺 厄除け開運 何故、大峰山へ登るのか? 大峰山の女人禁制  大峰山Q&A 吉祥草寺 石上神宮  高鴨神社  葛城山 金剛山転法輪寺 大峰山の修行とは 九重守(ここのえまもり) 大峰奥駈道  大峰奥駈75靡 大峰山護持院  大峰山寺役講  大峰山・洞川の地図  吉野山の地図  吉水神社  勝手神社 六道修行・解脱 仏陀   自灯明・法灯明 日本の神々 達磨   大峰千日回峰行 大峰山と仏教伝来 神道 鑑真和上  三学  胎蔵界・金剛界  戒・定・慧・解脱 波羅蜜 十善戒 舒明天皇 天武天皇 文武天皇 安岡寺 瀧谷不動尊 吉野聖天 平井聖天 出雲大社 宝塚聖天  波切不動尊