年号  大峰山 
飛 鳥 奈 良 平 安 鎌 倉 南 朝 室 町 安土・桃山 江 戸 近 代
飛   鳥
大   化 たいか 645 649 備 考
白   雉 はくち 650 654
朱   鳥 しゅちょう 686
大   宝 たいほう 701 703
慶   雲 けいうん 704 707
奈   良
和   銅 わどう 708 714
霊   亀 れいき 715 716
養   老 ようろう 717 723
神   亀 じんき 724 728
天   平 てんぴょう 729 748
天平感宝 かんぽう 749 756
天平勝宝 しょうほう 749 756
天平宝字 ほうじ 757 764
天平神護 じんご 765 766
神護景雲 けいうん 767 769
宝   亀 ほうき 770 780
天   応 てんのう 781
平    安
延   暦 えんりゃく 782 805
大   同 だいどう 806 809
弘   仁 こうにん 810 823
天   長 てんちょう 824 833
承   和 じょうわ 834 847
嘉   祥 かしょう 848 850
仁   寿 にんじゅ 851 853
斉   衡 さいこう 854 856
天   安 てんあん 857 858
貞   観 じょうがん 859 876
元   慶 がんぎょう 877 884
仁   和 にんな 885 888
寛   平 かんぴょう 889 897
昌   泰 しょうたい 898 900
延   喜 えんぎ 901 922
延   長 えんちょう 923 930
承   平 じょうへい 931 937
天   慶 てんぎょう 938 946
天   暦 てんりゃく 947 956
天   徳 てんとく 957 960
応   和 おうわ 961 963
康   保 こうほう 964 967
安   和 あんな 968 969
天   禄 てんろく 970 972
天   延 てんえん 973 975
貞   元 じょうげん 976 977
天   元 てんげん 978 982
永   観 えいかん 983 984
寛   和 かんな 984 986
永   延 えいえん 987 988
永   祚 えいそ 989
正   暦 しょうりゃく 990 994
長   徳 ちょうとく 995 998
長   保 ちょうほ 999 1003
寛   弘 かんこう 1004 1011
長   和 ちょうわ 1012 1016
寛   仁 かんにん 1017 1020
治   安 じあん 1021 1023
万   寿 まんじゅ 1024 1027
長   元 ちょうげん 1028 1036
長   暦 ちょうりゃく 1037 1039
長   久 ちょうきゅう 1040 1043
寛   徳 かんとく 1044 1045
永   承 えいしょう 1046 1052
天   喜 てんぎ 1053 1057
康   平 こうへい 1058 1064
治   暦 じりゃく 1065 1068
延   久 えんきゅう 1069 1073
承   保 しょうほう 1074 1076
承   暦 しょうりゃく 1077 1080
永   保 えいほ 1081 1083
応   徳 おうとく 1084 1086
寛   治 かんじ 1087 1093
嘉   保 かほう 1094 1095
永   長 えいちょう 1096
承   徳 しょうとく 1097 1098
康   和 こうわ 1099 1103
長   治 ちょうじ 1104 1105
嘉   承 かじょう 1106 1107
天   仁 てんにん 1108 1109
天   永 てんえい 1110 1112
永   久 えいきゅう 1113 1117
元   永 げんえい 1118 1119
保   安 ほうあん 1120 1123
天   治 てんじ 1124 1125
大   治 たいじ 1126 1130
天   承 てんしょう 1131
長   承 ちょうしょう 1132 1134
保   延 ほうえん 1135 1140
永   治 えいじ 1141
康   治 こうじ 1142 1143
天   養 てんよう 1144
久   安 きゅうあん 1145 1150
仁   平 にんぴょう 1151 1153
久   寿 きゅうじゅ 1154 1155
保   元 ほうげん 1156 1158
平   治 へいじ 1159
永   暦 えいりゃく 1160
応   保 おうほ 1161 1162
長   寛 ちょうかん 1163 1164
永   万 えいまん 1165
仁   安 にんあん 1166 1168
嘉   応 かおう 1169 1170
承   安 じょうあん 1171 1174
安   元 あんげん 1175 1176
治   承 じしょう 1177 1180
養   和 ようわ 1181
鎌   倉
寿   永 じゅえい 1182 1184
元   暦 げんりゃく 1184
文   治 ぶんじ 1185 1189
建   久 けんきゅう 1190 1198
正   治 しょうじ 1199 1200
建   仁 けんにん 1201 1203
元   久 げんきゅう 1204 1205
建   永 けんえい 1206
承   元 しょうげん 1207 1210
建   暦 けんりゃく 1211 1212
健   保 けんぽ 1213 1218
承   久 じょうきゅう 1219 1221
貞   応 じょうおう 1222 1223
元   仁 げんにん 1224
嘉   禄 かろく 1225 1226
安   貞 あんてい 1227 1228
寛   喜 かんぎ 1229 1231
貞   永 じょうえい 1232
天   福 てんぷく 1233
文   暦 ぶんりゃく 1234
嘉   禎 かてい 1235 1237
暦   仁 りゃくにん 1238
延   応 えんのう 1239
仁   治 にんじ 1240 1242
寛   元 かんげん 1243 1246
宝   治 ほうじ 1247 1248
建   長 けんちょう 1249 1255
康   元 こうげん 1256
正   嘉 しょうか 1257 1258
正   元 しょうげん 1259
文   応 ぶんおう 1260
弘   長 こうちょう 1261 1263
文   永 ぶんえい 1264 1274
建   治 けんじ 1275 1277
弘   安 こうあん 1278 1287
正   応 しょうおう 1288 1292
永   仁 えいにん 1293 1298
正   安 しょうあん 1299 1301
乾   元 けんげん 1302
嘉   元 かげん 1303 1305
徳   治 とくじ 1306 1307
延   慶 えんきょう 1308 1310
応   長 おうちょう 1311
正   和 しょうわ 1312 1316
文   保 ぶんぽ 1317 1318
元   応 げんおう 1319 1320
元   亨 げんこう 1321 1323
正   中 しょうちゅう 1324 1325
嘉   暦 かりゃく 1326 1328
元   徳 げんとく 1329 1330
元   弘 げんこう 1331 1333
南   朝
元   徳 げんとく 1329 1331
正   慶 しょうきょう 1332 1333
建   武 けんむ 1334 1337
暦   応 りゃくおう 1338 1341
康   永 こうえい 1342 1344
貞   和 じょうわ 1345 1349
観   応 かんのう 1350 1351
文   和 ぶんな 1352 1355
延   文 えんぶん 1356 1360
康   安 こうあん 1361
貞   治 じょうじ 1362 1367
応   安 おうあん 1368 1374
永   和 えいわ 1375 1378
康   暦 こうりゃく 1379 1380
永   徳 えいとく 1381 1383
至   徳 しとく 1384 1386
嘉   慶 かきょう 1387 1388
康   応 こうおう 1389
室   町
明   徳 めいとく 1390 1393
応   永 おうえい 1428
永   享 えいきょう 1429 1440
嘉   吉 かきつ 1441 1443
文   安 ぶんあん 1444 1448
宝   徳 ほうとく 1449 1451
康   正 こうしょう 1455 1456
長   禄 ちょうろく 1457 1459
寛   正 かんしょう 1460 1465
文   正 ぶんしょう 1466
応   仁 おうにん 1467 1468
文   明 ぶんめい 1469 1486
長   享 ちょうきょう 1487 1488
延   徳 えんとく 1489 1491
明   応 めいおう 1492 1500
文   亀 ぶんき 1501 1503
永   正 えいしょう 1504 1520
大   永 たいえい 1521 1527
享   禄 きょうろく 1528 1531
天   文 てんぶん 1532 1554
弘   治 こうじ 1555 1557
永   禄 えいろく 1558 1569
元   亀 げんき 1570 1572
安土・桃山
天   正 てんしょう 1573 1591
文   禄 ぶんろく 1592 1595
江   戸
慶  長 けいちょう 1596 1614
元  和 げんな 1615 ~    1623
寛  永 かんえい 1624 1643
正  保 しょうほ 1644 1647
慶  安 けいあん 1648 1651
承  応 じょうおう 1652 1654
明  暦 めいれき 1655 1657
万  治 まんじ 1658 1660
寛  文 かんぶん 1661 1672
延  宝 えんぽう 1673 1680
天  和 てんな 1681 1683
貞  享 じょうきょう 1684 1687
元  禄 げんろく 1688 1703
宝  永 ほうえい 1704 1710
正  徳 しょうとく 1711 1715
享  保 きょうほう 1816 1735
元  文 げんぶん 1736 1740
寛  保 かんぽう 1741 1743
延  享 えんきょう 1744 1747
寛  延 かんえん 1748 1750
宝  暦 ほうれき 1751 1763
明  和 めいわ 1764 1771
安  永 あんえい 1772 1780
天  明 てんめい 1781 1788
寛  政 かんせい 1789 1800
享  和 きょうわ 1801 1803
文  化 ぶんか 1804 1817
文  政 ぶんせい 1818 1829
天  保 てんぽう 1830 1843
弘  化 こうか 1844 1847
嘉  永 かえい 1848 1853
安  政 あんせい 1854 1859
万  延 まんえん 1860
文  久 ぶんきゅう 1861 1863
元  治 げんじ 1864
慶  応 けいおう 1865 1867
近   代
明  治 めいじ 1868 1912
大  正 たいしょう 1912 1926
昭  和 しょうわ 1926 1988
平  成 へいせい 1989
 
大峰山とは 大峰山と安全性  大峰山参拝詳細行程 大峰山寺  湧出岩  油こぼし 大峰蛇之倉七尾山 一之行場 母公堂  面不動  ごろごろ水  かりがね橋  女人大峰 五代松鍾乳洞 双門の滝  陀羅尼助丸 金峯山寺 吉野蛙飛び 脳天大神龍王院  天河大辨財天社 弁才天  天井ヶ岳 白専女 役行者 役行者と伝説 前鬼・後鬼 伝説と世相 韓国連広足 伊豆大島の行者祭り  山伏と忍者 歴代天皇 年号 光格天王  空海と大峰山 円珍 聖宝理源大師 龍樹菩薩 大峰山修験道 大峰山護持院櫻本坊 吉野お聖天さん 吉野の桜 柿の葉寿司 大峰山行者講社大嶺講 大峰山奥駆修行  聖天の森 大峰山山上の宿坊   大峰山の山伏 大峰山の先達  先達の授受  大峰山の山伏の衣装 大峰山を個人で登山 大峰山洞川の龍泉寺 厄除け開運 何故、大峰山へ登るのか? 大峰山の女人禁制  大峰山Q&A 吉祥草寺 石上神宮  高鴨神社  葛城山 金剛山転法輪寺 大峰山の修行とは 九重守(ここのえまもり) 大峰奥駈道  大峰奥駈75靡 大峰山護持院  大峰山寺役講  大峰山・洞川の地図  吉野山の地図  吉水神社  勝手神社 六道修行・解脱 仏陀   自灯明・法灯明 日本の神々 達磨   大峰千日回峰行 大峰山と仏教伝来 神道 鑑真和上  三学  胎蔵界・金剛界  戒・定・慧・解脱 波羅蜜 十善戒 舒明天皇 天武天皇 文武天皇 安岡寺 瀧谷不動尊 吉野聖天 平井聖天 出雲大社 宝塚聖天  波切不動尊