大峰山TOP 大峰山とは
大峰山(おおみねざん)
大峰山とは、山上ヶ岳、稲村岳、大普賢岳、弥山(みせん)、八経ヶ岳、釈迦ヶ岳、行者還岳などを含む大峰山系の山々の総称です。
一般的に修行の御山としての大峰山(おおみねざん)は山上ヶ岳(1719m)を示しています。
大峰山・山上ヶ岳は、1350年以前に、修験道の祖・役行者(えんのぎょうじゃ)が開いたといわれ、我が国修験道発祥の地であり、修験道修行の根本道場の御山であります。
故に大峰山は古来からの伝統的修験道の聖地と成っております。
大峰山は、修行により徳を積み、世の為人の為、ひいては「天下泰平」・「世界平和」を願っての修行であり、一般的な登山との違いがあります。
大峰山の修行は、一般参道・表の行場・裏の行場、頂上の大峰山寺をお参りさせて頂きます。
大峰山・山上ヶ岳は奈良県吉野郡天川村に在り、日本で唯一女人禁制の御山です。
大峰山の山頂には大峰山寺(奈良県吉野郡天川村大字洞川494)が在り、ご本尊は蔵王権現・不動明王・役行者神変大菩薩の三尊であります。
大峰山寺本堂は、わが国の高所最大の木造建築物で、国の重要文化財です。
大峰山寺は、5月3日に戸開け、9月23日を以て戸閉めとなります。

1936年   「吉野熊野国立公園」に指定
2004年   ユネスコの世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」として登録
大峰山
大峰山とは 大峰登山参拝詳細行程 龍泉寺・滝行、洞川の行場「蛇之倉 大峰山護持院桜本坊 吉野聖天大祭  瀧谷不動尊春季大祭  出雲大社 元山千光寺 大峰山上の宿坊 波切不動明王 山伏 個人で登山 洞川の行場  何故、大峰山へ登るのか?女人大峰 大峰山Q&A  箕面山龍按寺 吉祥草寺 元山上千光寺 高野山の巴陵院 石上神宮  高鴨神社 金剛山転法輪寺 女人禁制